代表者挨拶CEO MESSAGE

代表取締役 高山正春

代表取締役 高山正春

 

1979年、私が小学5年生の時、世界の人口は44億人と教わりました。それが2011年10月には70億人を突破、2025年には80億人に達するともいわれており、それに伴い水を取り巻く環境は大きく変化しています。飲料水・農業用水・工業用水の需要は急速に拡大し、深刻な水不足が予想されています。そのため、今後の急速な水需要を見据えたグローバルなネットワークと、信頼のできるベストパートナーが求められています。

プライムネットは純水装置とその周辺システムを中心に「地球と生命と水の調和を創造するトータルエンジニアリング」の実現を目指し1999年4月に創業いたしました。

純水装置の専門メーカーとして、小規模ながら少数精鋭のチームワークと機動力を活かし、様々な分野にも積極的に挑戦して経験を蓄積してきました。

当社の最大の強みは企画・開発・設計・製造・施工・定期メンテナンス(プライムサポート)まで、専門スタッフが一貫して対応することです。

そのため、当社員一人一人が「ものづくりの精神」と「スーパーバイザーの視点」で、お客様との対応をさせていただいております。

逆浸透膜を応用した純水装置は、ニーズの多様化によりさまざまなセクションでの活躍が期待されています。そのためのコストパフォーマンスはもちろん、スピード・提案力や 発想力が今後のカギを握ると考えています。

プライムネットの「アクリアネオ」シリーズで「地球と生命に優しいトータルエンジニアリング」を実現し、世界中の人々に愛されるように、努力していきます。

プライムネットの経営理念CORPORATE PHILOSOPHY

【基本理念 】

私たちプライムネットは、環境、生命、人材を大切にする会社であり続けます。

 

 

代表取締役 高山正春の方向性

【行動指針】

1.「信頼される会社」

2.「活力ある会社」

3.「努力を惜しまない会社」

 

【キャッチコピー】

「地球と生命と水の調和を創造するトータルエンジニアリング」

 

【社名】株式会社プライムネット

 社名の由来=「プライム」とは「もっとも重要な/最良の」意味を持ちます。

「情報・技術・人材」を活かし、ネットワークを構築し、世界に誇れる「ものづくり」会社であることを、社名を通して明確にしました。

 

【ロゴの意味】

PRIME NET プライムネット モチーフ

プライムネットのロゴは、貫禄のあるクジラをモチーフとし、力強い泳ぎの原動力の尾をイメージしています。
また、情熱とエネルギッシュなオレンジをイメージカラーとしています。